練習内容


準備体操・柔軟

立ち稽古:その場で立ち方や受け、突き蹴りの練習をします。

移動稽古:突きや蹴りをしながらの移動を繰り返して行います。

組手: 対人打ち込み、ミットうち、一本取り、試合形式などパターン練習から実践までを行います。

形:実戦を想定して決まった順番で技を出します。順番を覚え、技の解釈を知って、何度も繰り返し練習します。

筋トレ:空手の動きに必要となる体幹トレーニングなどを行います。



練習日

火・木曜日 17:30〜

土曜日 13:00〜

練習時間は約2時間+自主練習

練習場所

神戸大学六甲台道場 

詳しくはお問い合わせ欄のアクセスマップ

流派

糸東流 

神戸大学空手道部は糸東流ですが、選手の中には剛柔流や松濤館、和道流など様々な流派の選手がいます。

試合形式

組手は拳サポーター/脚サポーター/胴当て/マウスピース装着・寸止め・8ポイント先取・体重別(試合による)です。

形は得点方式です。